<抗菌・防カビ・抗ウイルス性>

●抗菌・防カビ性●

最小発育阻止濃度※1,2(MIC:minimum inhibitory concentration)とは、菌の発育を阻止する抗菌剤の最小濃度であり、抗菌力の指標となるものです。AGアルファ®は各種細菌・真菌類においてMICを測定しています。

■細菌類のMIC:単位ppm、( )内は銀イオン濃度換算値

菌株 CF-01 CF-04
黄色ブドウ球菌
Staphylococcus aureus
400
(10)
2,000
(10)
大腸菌
Escherichia coli
400
(10)
2,000
(10)
緑膿菌
Pseudomonas aeruginosa
200
(5)
1,000
(5)

■真菌類のMIC:単位ppm、( )内は銀イオン濃度換算値

菌株 CF-01 CF-04
黒コウジカビ
Aspergillus niger
1,600
(40)
8,000
(40)
カンジダ
Candida albicans
400
(10)
2,000
(10)
黒皮カビ
Cladosporium Cladosporioides
1,600
(40)
8,000
(40)
白癬菌
Tricophyton mentagrophytes
200
(5)
1,000
(5)

※1:方法・・・日本化学療法学会 MIC測定法 寒天平板希釈法

※2:MICは抗菌剤の能力を比較するための尺度の1つで、実際のお客様の製品での配合において必要な抗菌剤添加量とは必ずしも同一ではありません。

各用途での推奨添加量はこちらをご参照ください。

●素早い除菌性能※3●

AGアルファ®は細菌類に対して短時間条件下で効果を発揮します。
住居用洗剤などに適用される除菌性能規格を参考にして、AGアルファ®を硬質表面に使用したときの除菌性能を評価しています。

素早い除菌性能

※3: 被験物質・・・

AGアルファ® CF-01 2.0%水溶液

  菌種・・・・・

黄色ブドウ球菌

  方法・・・・・

日本石鹸洗剤工業会の洗剤・石けん校正取引協議会が定める「住宅用合成洗剤及び石けんの除菌活性試験方法」参考

●抗ウイルス性●

はじめに:ウイルスの構造と分類について

ウイルスは遺伝情報であるゲノムを有していますが、そのゲノムがDNAであるかRNAであるかによってまず大きく分類されます。
さらに、そのゲノムはカプシドという外殻タンパク質の中に入っていて、そのカプシドが脂質二重膜でできているエンベロープで覆われているか、否かによってまた大きく2つに分類されます。(参考:技術情報協会「抗菌・抗ウイルス材料の開発・評価と加工技術」)一例としてはエンベロープを持つウイルスではインフルエンザウイルス、コロナウイルス、エンベロープを持たないウイルスではノロウイルス、ロタウイルスなどがあります。
エンベロープを持つウイルスは、消毒用エタノールなどの脂質に作用する薬剤によってエンベロープが壊され、感染力を失います(不活化)。
一方でエンベロープを持たないウイルスに対しては、最外殻のカプシドに消毒用エタノールが作用できないため、不活化することができません。
ヒトノロウイルスに対しては消毒用エタノールが効かないので、次亜塩素酸ナトリウムなどのカプシドに作用する薬剤が一般に推奨されています。

ウイルスの構造と分類について

抗ウイルス効果※4

エンベロープあり、エンベロープなしウイルスの両種に対して抗ウイルス効果があることを確認しています。
AGアルファ®は錯体タイプの抗菌剤・抗ウイルス加工剤で、銀イオンの安定性が高い加工剤です。一般的にむき出しの銀イオンは環境中の夾雑物によって不活化されやすいですが、AGアルファ®は錯体の働きにより、有効な銀イオンの形態を保ったままウイルスへ作用するため、エンベロープの有無に関わらず抗ウイルス効果を発揮します。

<エンベロープあり>インフルエンザA型ウイルス

<エンベロープなし>ネコカリシウイルス:ヒトノロウイルス代替※5

※4: 被験物質・・・・・・・・

AGアルファ® CF-01 2%水溶液(作用時間:室温5分)

  方法・・・・・・・・・・

自社法。AGアルファ® CF-01 2%水溶液に一定量の試験ウイルスを添加した試験液を室温で静置し、5分間作用させたのち試験液を回収してAGアルファ®とウイルスの作用を停止しました。
これを細胞に感染させ、感染した細胞の数(ウイルス感染価)を測定しました。
またAGアルファ®を添加していないものについても同様にウイルスと接触させ、ウイルス感染価の差を比較しました。

※5: ネコカリシウイルス・・・

ヒトノロウイルスについては培養方法が確立されていないため、試験を実施することができません。
そのため代替ウイルスとして一般的に使用される、同カリシウイルス科のネコカリシウイルスに対しての効果を確認しています。

短時間での抗ウイルス効果※6

短時間での抗ウイルス効果を確認しており、AGアルファ®なしと比較して、AGアルファ®ありでは、ウイルスと接触してから30秒後にはウイルス感染価が97.86%減少し、10分後には検出限界値となり99.97%以上の減少率となりました。

短時間での抗ウイルス効果

※6: 被験物質・・・・・・・

AGアルファ® CF-01 0.2%水溶液(作用時間:室温30秒、10分)

  ウイルス種・・・・・・

エンベロープなし(ネコカリシウイルス)

  方法・・・・・・・・・

自社法。AGアルファ® CF-01 0.2%水溶液に一定量の試験ウイルスを添加した試験液を室温に静置し、各時間で試験液を回収してAGアルファ®とウイルスの作用を停止しました。これを細胞に感染させ、感染した細胞の数(ウイルス感染価)を測定しました。
またAGアルファ®を添加していないものについても同様にウイルスと接触させ、ウイルス感染価の差を比較しました。

●加工品の抗菌・抗ウイルス性●

AGアルファ®は、各種界面活性剤、添加剤、バインダーなどを含む水溶液やエマルションと混合可能であり、除菌剤、水系塗料といった様々な加工品に使用することができます。
また、AGアルファ®は有効成分を高濃度に配合しているため、少ない添加量で、優れた抗菌・抗ウイルス性能が発揮されます。

■AGアルファ®加工品の黄色ブドウ球菌への効果一例

加工品 型番 試験方法 抗菌活性値※7 減少率
住居用洗剤 CF-01 住宅用合成洗剤及び
石けんの除菌活性試験方法
4.0 99.97%
不織布製品 CF-01 JIS L 1902 4.8 99.99% 以上
水系塗料・コート剤 CF-04 JIS L 1902 > 3.0 99.90% 以上
ウレタンフォーム CM-03※8 SIAA シェーク法 > 2.6 99.99% 以上

※7:抗菌活性値・・・無加工品と抗菌加工品の菌数の差を比較した値。2.0以上で効果ありの判定となります。

※8:ポリオールへ抗菌剤を分散させたウレタンフォーム用グレード。

■AGアルファ®加工品のインフルエンザA型ウイルスへの効果一例

加工品 型番 試験方法 抗ウイルス
活性値※10
減少率
除菌剤 CF-01 液剤接触※9 > 3.6 99.97% 以上
水系塗料 CF-01 ISO 21702 3.5※11 99.99% 以上
水系コート剤 CF-04 ISO 21702 4.6※11 99.90% 以上

※  9:液剤接触・・・ウイルスを含む液体と除菌剤を一定時間混合した後に、ウイルスの活性を調べました。

※10:抗ウイルス活性値・・・無加工品と抗ウイルス加工品のウイルス数の差を比較した値。

※11:ISO 21702では抗ウイルス活性値2.0以上で効果ありの判定となります。

TOP